時期

中学や高校を受験する場合には、学校の授業内容よりもハイレベルな内容を学ぶことがポイントである。
したがって受験生と保護者のニーズに対応するために進化を遂げてきたのが、学習塾業界の特徴と言えるであろう。
またこれまでの歴史の中で特徴的な点としては、公開模試を活用して生徒の学力を偏差値で表示してきた点を挙げることが可能である。
偏差値は生徒一人一人が学力を確認したり志望校を決めるうえで重要な指標であり、塾業界ではデータの精度を高めるために、様々な努力を行ってきた点が特徴的であろう。
また子供の数が少なくなる中で、個別指導や理科実験教室のように付加価値の高いサービスが増えた点も特徴的である。
そして無料体験コースの設置は、塾業界の最新のトレンドである。

学習塾業界は模試のデータを活用した情報産業という側面もあるので、今後はさらに業界の再編が行われるであろう。
特に大手の塾が各地に教室展開をすることで、全国各地で質の高い学習指導が受けられることが想定可能である。
また通学の利便性を求める生徒と保護者が多いので、今後は地域に密着した小規模教室が増えることが予測できるであろう。
そして生徒の学力をパソコンなどで管理することで、一人一人に合わせた学習プランも提案できるであろう。
その結果として自宅近所の教室で中学受験から大学受験まで、幅広い勉強へのニーズに的確に対応可能になるであろう。
そのために学習塾のサービスに対する顧客の満足度は、より一層高まるであろう。